スポンサード リンク


インナーマッスルはダイエットに有効?1b16f2294d49b73d2edb62efa0c3ae09_s

インナーマッスルはダイエットに有効?

インナーマッスルという言葉を聞いたことがある人は多くいるはずですが、インナーマッスルを説明できる人は少ないのでなはいでしょうか。

ヨガやピラティスなどでインナーマッスルを鍛えるというフレーズを聞くことは多くあります。

大事なことは、まずはインナーマッスルとは何かを理解し、それがどんな役割をして何に効果があるのか知ることが先決です。

闇雲に「インナーマッスルを鍛えてダイエット」というフレーズに飛びついてがっかりしないためにもインナーマッスルというものを理解しましょう。

インナーマッスルとは

インナーマッスルとはその名の通り、体の奥深くにある筋肉のことを指し、深層筋ともいいます。

体の表面にある筋肉をアウターマッスルといい表層筋とも呼びます。

アウターマッスルは体を大きく、そして力強く動かす役割を担っています。

アウターマッスルを代表する筋肉には大殿筋、大腿四頭筋、大胸筋、広背筋などがあります。

インナーマッスルは姿勢維持や関節を安定させる役割があります。首から上と両手足を除いた部分を体幹といい、インナーマッスルは体幹部分に集中してあります。

腹横筋や横隔膜、腸腰筋、小殿筋、肩関節には回旋筋などがあります。

インナーマッスルとアウターマッスルの関係

インナーマッスルはとても小さい筋肉です。

そして体の深層にあるためインナーマッスルだけを鍛えることは不可能です。

小さいインナーマッスルだけを鍛えても基礎代謝の増加は望めません。

基礎代謝アップには筋肉量の増加が不可欠で、筋肉の増加量は筋肉の大きさに比例します。

つまりインナーマッスルをターゲットにして鍛えることでダイエットする方法は現実的ではありません。

しかしインナーマッスルはアウターマッスルと対をなす役割を担っているので、インナーマッスルを鍛えることでアウターマッスルもより大きな力を安定的に出すことができます

また姿勢の維持にも大きな役割があるため、ジョギングなど同じ姿勢をずっと維持し続ける運動にも効果を発揮します。

そしてアウターマッスルを鍛えることでインナーマッスルも鍛えられます。どちらの筋肉も連動しているのでどちらか一方を鍛えることが不可能なのです。

インナーマッスルを鍛えることでアウターマッスルが大きな力を発揮できたり、姿勢や関節の維持が強固になるなど複合的な効果をもたらしダイエットに大きな効果を発揮するのです。



スポンサー リンク

ページTOPへ

サイトTOPへ