スポンサード リンク


ダイエット時の栄養素についてa0002_010797

ダイエットの敵?肥満の元になる栄養素って??

肥満の大敵となるのが糖質脂質、それに炭水化物です。

ダイエットの時にはこれらを制限して、できるだけ摂らないようにしている人も多いと思います。

しかし、ダイエットのために運動と食事制限を併用している人の場合は、少し違います。

なぜから、運動によって必要になってくる栄養素もあるからです。

運動をしているのに食事制限をし過ぎてしまうと必要なエネルギーが足りなくなってしまいます。

必要なエネルギーが足りなくなるとどうなるかといいますと、まず筋肉が痩せていってしまいます。

筋肉が痩せると基礎代謝量も減るので、運動によって脂肪を燃やすことができにくくなります。

さらに、筋肉が痩せると体型も崩れ、姿勢も悪くなるので、綺麗に痩せることができません。

次に、エネルギー量が足りないので、食事の際には過剰にエネルギーを溜め込もうとします。

その結果、脂肪が付きやすくなるのです。

食事制限しているのに、運動もしているのに、なかなか体重が減らないという人は、このようなことが原因になっているかもしれません。

必要なエネルギーさえ摂らないでいると、効率良く痩せる、綺麗に痩せるということが出来ないのです。

ダイエットに必要な栄養素とエネルギーとは?

では、必要なエネルギーとは何か。

それは、どんな運動を行っているかによって異なります。

例えば、ジョギングなどの有酸素運動の場合は、炭水化物がエネルギー源になります。

炭水化物を全く摂らずに有酸素運動を行うと、筋肉中に蓄えられたグリコーゲンが消費されます。

グリコーゲンは糖ですので、運動によってグリコーゲンを消費することが有酸素運動の目的といってもよいでしょう。

しかし、このグリコーゲンが足りなくなると、今度はタンパク質が使われるようになります。

タンパク質が消費されると筋肉が痩せていってしまうことになります。

炭水化物摂取ゼロにしてもダイエットにならない!?

ですから、有酸素運動を行っている場合は、炭水化物の摂取量をゼロにするのはやめましょう。

ジョギングと比較して、瞬発的な運動の場合についてですが、これはウエイトリフティングや100m走などのような瞬間的に大きな力を出力するような運動になります。

他にも、バレーボールのジャンプ動作やテニスのスマッシュなども含まれます。

このような運動を行っている場合は、タンパク質が必要になります

筋線維の損傷も起こります。

これを修復し、筋の活性化を図るために必要なのです。

これは特に運動後に摂取するようにすると効率良く体内に吸収されます。

健康的なダイエットには食事も大事!

短期間で無理なダイエットをすると、体重は一時的に落ちても、身体の中がそれについていけず、

リバウンドしたり体調を崩すことにもなるので、健康的に痩せられるよう、食事面の見直しもしてみて下さい。

 



スポンサー リンク

ページTOPへ

サイトTOPへ