スポンサード リンク


【30代男性口コミ】ご飯を食べない、副食だけの少量食べてダイエットLIG63_sabisikubentou20130713_TP_V[1]

あなたの性別を教えてください

男性

年齢を教えてください

30代

ダイエットのタイトルを教えてください

ご飯を食べない、副食だけの少量食べてダイエット

ダイエットをしてみた感想、レビュー、体験談、失敗談の本文

自分は37歳の男性です。

35歳の時に精神的に病んで爆食いをしてしまい、体重が50キロから68キロに三ヶ月でなりました。

そのうちにまわりからはお腹が出てると言われて、自分の着ていた服がはいらなくなり、ダイエットをするようにしました。

三ヶ月で10キロ落としました。

どうやってダイエットをしたかというと、丁度そのときにいろいろと悩んでいたせいか、食欲がなくなり、朝ご飯は食べなくて、昼と夜と少しのお菓子の間食にしました。

昼と夜のご飯はかなり少量で食べました。

そうしたら三ヶ月で10キロやせました。

やはり戦後をみてもわかるように、ダイエットは食べないのが一番早いです。

食べるから太るのです。

よく食べなくても太るという人は1日2食で食べて試してください。

必ず継続して。

そうすればやせます。

自分はやせてもリバウンドはなくて普通に仕事もしていました。

やはり太る原因はたくさん食べてしまうことです。

そして痩せることは食べる量を減らすことです。

これが一番はやいやり方です。

この原則がわからないといつまでたっても痩せないです。

栄養が足りないと思ったら健康補助食品を少しだけ食べればいいんです。

何故みんながダイエットに成功しないかは誘惑に負けて食べているか継続していないからだけだと思います。

運動はしたらいいけど、しなくても食べなければやせます。

よくノロウィルスなどで食べれなくなると1日でやつれて体重が減りますよね。

その原理と全く同じで食べなければやせます。

日本人は3食食べるのが当たり前の概念があるからそれをやめてやればいいと思います。

ただ危険なのは拒食症にならないことです。

ある程度いって目標体重が到達したらそれ以上に体重を下げようとすると病気にはまっていきます。

欲張らないダイエットをしてください。

痩せれば綺麗だけど拒食症になると精神的におかしくなっています。

これだけは注意してダイエットに取り組むことをしてください。



スポンサー リンク

ページTOPへ

サイトTOPへ