スポンサード リンク


運動嫌いでも続いた踏み台昇降ダイエット2bebbc1951475391b2187f74b4d55ac7_s

運動嫌いでも続いた踏み台昇降

太っている人は大体そうだと思うのですが、運動嫌いですよね。

私もそれで、学生時代は一応ハードな運動部だったのですが、それですっかり運動に嫌気が差し、日常で歩くのも嫌なほどでした。

また田舎だからちょっと先まで車移動なのです。

それなのに、寝たきり生活で筋肉がほぼゼロになった状態から運動…

絶対無理だと思っていました。

まずは知識から…とネットを漁っていたら、ある掲示板で人気のスレがありました。

踏み台昇降です。

小学校の体力テストを思い浮かべる方が多いと思いますが、あんなに高い台ではありません。

身長に合わせて上下しますが、約15cmくらいの低い台です。

しかもその台は、少年雑誌などを積んで、ガムテープで巻き付けるというもの。

元手ほぼタダです。

リバウンド女王の母は、いつも通販で健康器具を買ってはすぐ飽きてポイしていました。

私もその血を引いているわけで…飽きるのは目に見えています。

でもこれなら、すぐ分解して捨てられるわけです。

簡単な準備ですぐにスタートできる踏み台昇降

さっそく台を作りました。

私は身体が大きいので広い方がいいかと、4冊を一枚にして、それを2段重ねました。

間に滑り止めシートを挟むと、ズレにくいです。

ガムテープでぐるぐる巻きにして完成。

30分もかからず出来ました。

なぜ雑誌が材料なんだろう…と思ったら、適度な弾力があり、足に優しいんです。

標準以上の体重で運動をする場合は、かなりの負担が足にきます。

これだとテンポはゆっくりでいいし、足に優しいし大丈夫そうでした。

上半身も引き締める為に、水を入れた500mlペットボトルをダンベルにしました(アクエリアスが握りやすいです)

このダンベルを、最初は上下に動かしながら昇降します。

あっと言う間に息が切れます。

疲れたら、普通に振って使います。

着の身着のままでOK!踏み台昇降の魅力

踏み台昇降の最大の魅力は、家で出来る事。

当時赤ちゃんが居て、ジムに通うなど無理だった私には最適でした。

ウェアも靴も必要なし。

着の身着のままでOK!

大きな器具と違い、テレビの前に置き、番組を見ながら出来るのです。

音楽でも勿論いいと思います。

ゲームや読書をしながら…という器用な人達もいました。

これは上半身の運動にはならないので、個人的には勧めません。

折角運動しているのですから、全身を動かした方がいいです。

気軽に始められる踏み台昇降はおすすめです!

最初5分も出来なかったのに、10分…20分…30分と、どんどんタイムが増えていきました。

体重が減ったのは勿論、階段の上り下りが苦しくなくなり、外見は背中が一番先に引き締まりました。

ダンベルのお陰だと思います。

ジョギングや水泳など、色々浮気もしましたが、やはり帰ってくるのはこれ。

飽きたら解体すればいいや~と思っていた踏み台も、もう3年目のお付き合いです。

気軽に始められる踏み台昇降。

気楽に始めてみませんか?



スポンサー リンク

ページTOPへ

サイトTOPへ