スポンサード リンク


ランニングの運動効果と適した時間帯51e10d92ef29433889cab220405f54f1_s

ランニングに適した時間帯があるの?

日本のランニング人口は1000万人以上といわれており、早朝や夕方以降にランニングをされている人も多くなってきました。

しかし、運動を行うには、その強度や内容によって適した時間帯があります。

例えば、起床後すぐにストレッチを行うのは良くありません。

なぜなら、朝は筋肉が伸びにくいだけでなく、関節の動きもかたくなっているので、そういった部分を傷めてしまうリスクがあるからです。

そして、ランニングにも適した時間帯があります。

早朝は、まだ体が運動を行う準備ができていません。

それは筋肉がかたくなっているだけでなく、心臓も運動に対応して活発に動き、筋肉にたくさんの血流を送り出すという機能が十分に働かない状態にあるからです。

また、食後は内臓が多くの血液を必要とするため、筋肉に行く血流量が減るので、ランニングに適さない時間帯です。

さらに、夕食後以降は、副交感神経が活発に働きはじめ、寝る準備に入るので、運動には適しません。

ランニングに適した時間帯はいつ?

ランニングに最も適した時間帯は、夕食前です。

この時間であれば、体もしっかり起きていますし、胃も軽い状態にあります。

また、昼間に使った頭や体に刺激を入れることで、ストレス解消にもなります。

そして、ジョギングの後に食事をとると、栄養が効率良く体に吸収されますし、就寝前にストレッチをして体をほぐしてあげると、次の日に疲れが残りにくくなります。

ランニングによる運動効果

年齢や体重、走るスピードにもよりますが、30分のランニングで約250kcalを消費します。

ウォーキングだと約120kcalです。

脂肪1kgを燃焼するには約7000kcal必要ですので、1kg痩せようと思ったら、食事を一切摂らなくても、30分のランニングを28日間行わなければならないという計算になります。

これは、非常に大変なことですね。

ランニング前の食事

ランニング前は、出来れば何も食べない方がいいでしょう。

食事を摂ると内臓への血流量が増え、筋肉への血流量が減ってしまいます。

ただ、もしお腹が空いていたら、ゼリー状のエネルギー食品を摂ったら良いかと思います。

また、水分は飲みすぎると、胃の中で水が弾んで走りにくいので、ランニング前からランニング中を含め、1回1~2口程度にしておいた方が良いと思います。

ちなみに、水だけだとカルシウム、カリウム、ナトリウムなどを補うことが出来ないので、スポーツドリンクを水で薄めたものがお勧めです。

ランニングの効果

ランニングを始めたことによって、生活リズムの改善に繋がり、仕事や家事がはかどるようになったという人もいます。

健康のために行っている運動が逆に体に負担をかけてしまうことがないよう、より健康的に運動を行い、生活習慣を見直すきっかけにもしてしまいましょう。



スポンサー リンク

ページTOPへ

サイトTOPへ