スポンサード リンク


さつまいもダイエット784b6531a017e5d0a3820fb39e9b8fc7_s

あなたの性別を教えてください

女性

年齢を教えてください

20代

ダイエットのタイトルを教えてください

さつまいもダイエット

ダイエットをしてみた感想、レビュー、体験談、失敗談の本文

1日のうち1食、ご飯やパンなどの炭水化物の代わりにさつまいもを食べる「さつまいもダイエット」を1ヶ月ほど行いました。

私は食費の節約と、お弁当を作る手間を省くことを兼ねて、ラップに包んで電子レンジでチンしたさつまいもをお昼に食べていました。

スーパーでさつまいもが手に入らなかったりしたときは、同じく電子レンジでチンしたかぼちゃで代替したこともありました。

また友人からの口コミを聞き、並行して食前にお茶碗1杯ほどの生キャベツを食べる「キャベツダイエット」も行い、とにかくカロリーを抑えたい気持ちから、お肉をあまり食べなくなっていました。

初めの1週間で1キロ、その次の1週間で1キロ、その次の週からは500グラムずつ、面白いくらいに体重が減っていきました。

周りからも顔周りや、二の腕が痩せたねと言われるようになりました。

ウエストも体重が1キロ減るごとに、1センチずつ減っていきました。

しかしこれだけ目に見えて効果があったにもかかわらず、このダイエット生活を継続できなかったのには理由があります。

炭水化物の摂取量が減ったからなのか、はたまた肉類を取らずエネルギー不足だったからなのか、頭がクラクラしたり、アルバイト中に階段の上り下りや、ピークの時間に忙しく動いただけで、過呼吸になる前兆のような息苦しい感覚におそわれることが増えました。(それまでは勤務中に過呼吸になったり、息苦しくなったことはありませんでした。)

このダイエット生活をやめたあとも、単にキャベツが好きという理由もあり、キャベツダイエットだけは続けました。

そのおかげか、やめてから半年ほどはリバウンドをすることはありませんでした。

しかし、キャベツの値段が高騰したことや、朝食をご飯からグリーンスムージーに変えたことから、野菜の摂取量は十分であろうと考え、キャベツダイエットを自然とやらなくなっていきました。

すると、体重が緩やかに増え、今ではせっかくダイエットによって減量することができた3キロのうち、2キロ戻ってしまいました。

たった2キロの違いではありますが、ダイエットに成功していた頃の写真を見ると、やはり今よりも輪郭や腕周り、脚もすっきりしており、明らかに違いがわかります。

そんなことから、再びさつまいもダイエットに挑戦しようかなと考えているところです。



スポンサー リンク

ページTOPへ

サイトTOPへ