スポンサード リンク


筋トレビッグスリーを1つづつ解説eeb9c5d35bf0f86b4b3d029937625eeb_s

健康意識の高まりにより筋トレがメジャーに

ダイエットや健康づくりのために筋力トレーニングを始めようと思っている人は多くいます。

しかし今までに筋力トレーニングを行ったことがある人は学生時代に部活動に入っていて、さらに限られた運動部員しかいませんでした。

筋力トレーニングはなかなか一般人には馴染みがないのが実情です。

しかし近年の健康意識の高まりにより筋力トレーニングはどんどんメジャーに、そして一般的になってきています。

昔はトップアスリートでも筋力トレーニングを取り入れているスポーツは、柔道やラグビーなど肉体的接触が多く大きな力が必要な競技に限られていました。

しかし筋力トレーニングの効果が解明されるにつれ、マラソンや卓球、バレーボールなどの競技でも男女共、筋力トレーニングを取り入れるようになってきました。

細身でスラっとした印象のある女子フィギュアスケート選手でさえも重量のあるベンチプレスやスクワットなどを行っているのです。

筋トレビッグスリーとは何か

そしてダイエットに加え健康への意識も高まり、高齢者も健康寿命を伸ばすために筋力トレーニングを行う時代になりました。

そんな筋力トレーニングで、絶対に押さえておきたいビッグスリーという3つの種目があります。

直訳で「大きい3つ」となり、その訳の通り体でもっとも大きい筋肉を鍛える種目になります。

筋力トレーニング初心者はこのビッグスリーだけを行えば良いと言うほど重要で、体の根本を成す筋肉になるのです。

ビッグスリーの種目は、ベンチプレス、スクワット、デッドリフトの3つになります。

鍛えられる主な筋肉はベンチプレスは大胸筋、スクワットは大腿四頭筋、デッドリフトは脊柱起立筋です。

胸、足、背中という動作を支えるもっとも大きい筋肉です。

まずはこのビッグスリーを3ヶ月しっかりやるだけで体は大きく変化します。

大きい筋肉を鍛えたほうが小さい筋肉を鍛えるよりたくさん成長するのです。

腹筋500回行うよりスクワット15回やったほうがダイエットにも腹筋を割るにもの効果があるという比喩まであります。

腹筋は薄く小さい筋肉です。

小さい筋肉をいくら鍛えても筋肉の成長はほんの僅かなのです。

正しいフォームで鍛えよう!

まずはスポーツジムに行き専門のトレーナーにフォームを教えてもらい正しいやり方を習得しましょう。

怪我をしないことがまずは何よりも大切です。

週2〜3回程度ビッグスリーを鍛え3ヶ月しっかり行えばもう筋トレ初心者は卒業です。

ダイエットにも美容にも健康にもまずはしっかりビッグスリーを鍛えることを意識しましょう。



スポンサー リンク

ページTOPへ

サイトTOPへ