スポンサード リンク


カフェインと筋トレの関係d978c1b9a7245a199c6b7f2c9e019a62_s

カフェインと筋トレの関係

昨今、さまざまな街でコーヒーショップが建ち並び、コーヒー片手に街を歩く老若男女をたくさん見かけます。

まさにコーヒーブームと言っても過言ではないでしょう。

コーヒーを飲むシチュエーションは他の飲み物に比べ多種多様あります。

習慣として朝起きてから飲む人、休憩の際コーヒーを飲むいわゆるコーヒーブレイク、また受験やテスト勉強、仕事での残業、プレゼン資料作りなど集中力維持や眠気覚ましでコーヒーを飲む人も多いはずです。

このようにコーヒーにはリラックスや休憩、集中力、眠気覚ましなどをもたらしてくれるたくさんの効能があります。

それはコーヒーに入っているカフェインのおかげなのです。

カフェインには利尿作用や覚醒作用があり多くの人に知られており、前述の通り多くの機会で利用されています。

しかしカフェインには他にもさまざまな効能があるのです。

それは運動能力向上や脂肪燃焼です。

オリンピックではカフェインは2004年までドーピングの対象でした。

それ以降は監視プログラムに移行し直ちにドーピング違反にはならなくなったものの、競技前に摂取することは推奨されていません。

このようにカフェインにはスポーツ界でも認められた運動能力を向上させる効能があるのです。

カフェインの効果的な利用法

このようなカフェインの効能を利用しダイエットや筋力トレーニングを効果的に行うことができるのです。

カフェインの着目すべ効能は脂肪燃焼効果です。

しかし決してカフェインを摂取したからといって痩せるわけではありません。

運動する際、脂肪を燃焼しやすくしてくれるのです。

脂肪はそのままの状態ではエネルギーとして使うことができないのです。

遊離脂肪酸という状態に分解し血中に流れ出ることではじめてエネルギーとして使用可能なのです。

通常、体のエネルギーはまず糖から使われ、そして遊離脂肪酸となったエネルギーという順番で使われるのです。

その脂肪燃焼率が運動開始20分以降から高くなるため、有酸素運動は20分以上行った方がいいと言われるのです。

カフェインは脂肪を遊離脂肪酸になる手助けをしてくれます。

つまり早い段階から脂肪をエネルギーとして使えるようにしてくれるのです。

運動1〜2時間前にコーヒーを摂取することで血中のカフェインがピークになります。

気をつけなければいけない点は、カフェインは刺激物です。

大量摂取するとお腹を下したり、不眠を招いたりするので自分に合った適量を摂取し、ダイエットを効率よく進めましょう。



スポンサー リンク

ページTOPへ

サイトTOPへ