スポンサード リンク


トレーニングの効果を上げる⑤ ~個別性の原則~be92c688e565f85f44ad7b98685f1898_s

「個別性の原則」とは

トレーニング7原則の「個別性の原則」について少し詳しくお話していきます。

個別性の原則」とはどういうものか概要を復習しましょう。

———————-
個別性の原則

自分にあったトレーニングをする」ということです。

トレーニングの目的、筋力、年齢や健康状態によって自分にあった適切なトレーニングしましょう。
———————-

初めてトレーニングする際は個別プログラムを作成すること

はじめてトレーニングをする方は、可能な限りスポーツジムのトレーナーの方にトレーニングのプログラム作成をお願いしたほうがいいです。

多くのスポーツジムでは個別でトレーニングのプログラムを作成してくれるトレーナーがいます。

有料のスポーツジムが多いですが、はじめての方はやってみる価値はあると思います。

優秀なトレーナーが作成するプログラムは10人いたら10通り、100人いたら100通りのプログラムが作成されます。

また、プログラムは常に状況に合わせて変わっていきます。

思ったより効果が出ない、思った以上に効果が出ているなど状況に合わせて柔軟に適切なトレーニングを選択してくれます。

個別プログラムで効果的なトレーニングを

主に個別プログラムを作成するにあたって以下を考慮します。

・年齢
・性別
・身長
・体重
・目標
・目的
・経験

ただし、考慮する点は上げればキリがありません。

以上のようなことを考慮しプログラムを作成することによってトレーニングの効果を上げることができます。

筋肉を肥大化させる人が軽いおもりで30回トレーニングをしても目的にあった筋肉を手に入れることはできません。

重いおもりで少ない回数を実施したほうが有効です。

例えば、素晴らしい実績を出している一流プレイヤーのプログラムをそのままトレーニングしても、その人と同様の身体を手に入れることはできません。

それは、一流プレイヤーに合ったプログラムでトレーニングをしているから実績がでているのです。

もちろん、一流プレーヤーのトレーニングでも真似するべきところがあるのも確かです。

ただ、それが自分に合っているか、目的のトレーニングと合致している場合は大いに真似てトレーニングするべきです。

また、年齢を重ねた方が昔の若い頃の感覚でトレーニングをすると必ずといっていいほど怪我をします。

なぜなら、自分の思い通りに身体を動かすことができないのと筋肉が硬くなっていたり、筋力が低下しているからです。

また、部活など集団でトレーニングをする必要がある場合は全員がまったく同じプログラムしない工夫が必要です。

個人によって内容を変えたり、もしくはグループに分けてグループごとにプログラムを作成するなどの工夫が必要です。

「個別性の原則」は非常に重要です。

可能な限りスポーツジムのトレーナーにお願いしたほうがはじめは多少お金がかかるかもしれませんが、慣れてきたら自主的にやっても問題ないので結果的にお金がかからなくなるかもしれません。

「個別性の原則」に則り、怪我なく効果的なトレーニングをしていきましょう。



スポンサー リンク

ページTOPへ

サイトTOPへ