スポンサード リンク


水素水初心者はまずはコレから![トラストウォーター]の口コミpict-004

水素水で体質改善って本当なの!?

水素水に興味を持ったあなたもそう思ったんじゃありませんか?

もちろん、僕だって最初はそう思ってました。思いまくってました(笑)

このブログを作成しながら、体験していく事で実感に変わっていきました。

今回は、コスパがとても高く、爆発的に売れている水素水「トラストウォーター」の口コミレビューをしていきたいと思います。

高濃度水素水[トラストウォーター]の概要

会社 株式会社 アイリンク・アソシエイツ
公式サイト
販売方法 通信販売
価格 ・通販限定お試しセット初回限定特価  1800円・お試し価格 初回半額1800円(税込・送料無料) 400ml×7パック 送料・手数料なし

・通常価格3600円(税込)400ml×7パック + 1000円(送料) + 420円(代引手数料))

高濃度水素水[トラストウォーター]の特徴

人は生きている間、呼吸をして体内に酸素を送り込みます。

その吸いこんだ酸素の約2%が「悪玉物質」に変わります。

「悪玉物質」は健康に害を及ぼし、体の不調の原因や見た目の変化の原因になっています。

水素は地球上で一番小さな分子です。

水素を体内へとりこむと、体の細部にまでいきわたり、体の変化の原因とくっつき、水へ変える性質をもっています。

体内に入った水素は「悪玉物質」とくっつき、「悪玉物質」は無害な水へ変わり体外へ排出されます。

水素の還元力はビタミンCの176倍!水素は還元力が高く、一つの細胞に水素は200万個浸透し、水や油にもなじみやすいので、細部にまで浸透します。

そのため、効果的にエイジングケアができるのです。

 ・水素濃度業界最高水準3,0ppmを実現。

生成も保存も難しい水素。気圧を調整する、独自の重鎮技術により、業界最高水準である水素濃度3,0ppmを実現しました。

・水素水のためのパッケージを開発

特殊なアルミ四層構造により、宇宙一軽くて小さな分子である水素を逃さない、水素水のためだけのオリジナルパウチを開発しました。

・九州の軟水なのでおいしい

純度の高い軟水を使用しており、九州の大分県にある工場で製造。製造後の菌検査と水素濃度のチェックを厳格に行い、安心、安全な水素水をお届けしています。

高濃度水素水[トラストウォーター]の口コミ

  • 30代女性 今まで水素水という言葉は聞いたことがあるしお店でもペットボトルなどで売られているのをよく見かけていました。肌につやがあってキレイなお友だちが飲んでいるのをみて、紹介してもらったのがこのトラストウォーターだったんです。私自身も興味があったのでネットで調べてみたのですが、ペットボトルでは水素が残っていないとのことで、私もトラストウォーターを買ってみました。私は硬水だとお腹が痛くなってしまうのですが、トラストウォーターは軟水でしたのでとても飲みやすかったです。
  • 50代女性 トラストウォーターを飲みはじめると朝起きたら体がポカポカして、とても気持ちがいいです。
  • 30代女性 今まで冷えにも悩まされてきたので何枚も重ね着していたのですが、トラストウォーターのおかげでその必要もなくなってきました。
  • 70代男性 心なしか体の調子もよくなり、市の健康診断でもいい数値が出るようになって、嬉しいことづくめです!
  • 40代男性 本物をありがとうございます!他の商品に水素は入っていませんでした。
  • 60代男性 今まで買っていたサプリメントをぜ~んぶやめて、水素水だけを愛飲してます!
  • 40代女性 不規則な生活なので、これからも水素水を飲み続けたいと思います。
  • 60代女性 夕方パンパンだったのもスッキリ、ジーパンもきつくなくなりました。夫のぽっこり対策と愛犬の健康維持にも活躍中です!
  • 40代女性 飲むだけでなく、毎朝の化粧水代わりにも使っています。
  • 40代男性 水素水を飲み始めてから、健康診断も難なくクリアしています。これからも続けます。
  • 50代男性 ゴルフのプレー中や終わった後に飲むと、だるさやきつさが少ない気がしています。
  • 60代女性 寝付きが悪かったけど、すっきりした気持ちで目覚めるようになりました。
  • 60代男性 健康診断で若々しいとほめられるように!

 

高濃度水素水[トラストウォーター]はこんな人に使ってほしい

  • 仕事や遊びのあとに疲れやダルさが残る人
  • 排泄がスムーズではない人
  • イキイキと毎日を送りたい人
  • 寝覚めが悪い人、朝弱い人
  • 健康診断で血液がドロドロだと言われた人
  • 野菜や果物が苦手な人
  • 体質改善したい人
  • 水素水を始めてみたいがどれが良いか迷っている人
  • とにかく安く水素水を試してみたい人
  • 使いやすいアルミパウチが良いけど水素濃度にもこだわりたい
  • とにかく高い水素濃度を求めている人
  • 人気が高い水素水を探している人

高濃度水素水[トラストウォーター]を管理人が飲んでみました

僕の印象としては、初めて水素水を飲む方の約半数位が選ぶ商品がこのトラストウォーターだというイメージがあります。

理由としては、

  • とにかく人気で、各ブログやサイトで実践している人が多い
  • 始めるにあたって初期費用が安い(初回限定割引が超お得)
  • 水素水タイプで一番人気のアルミパウチタイプである
  • アルミパウチタイプの弱点でもある水素濃度を克服し、高濃度である

ここらへんが挙げられると思います。

バランスが良いんですよね、価格も商品も。

そんでもって初期費用がお得すぎるってんで、皆さん選ぶみたいです。

僕だって初めての時にトラストウォーターがあったら選びますもん(笑)

僕の時は無かったんですけどね!

ってなわけで、トラストウォーターを注文から飲むに至るまでのレビューを管理人がバッサリとおこないたいと思います。

 

 

公式サイトの購入ボタンをポッチリして、情報入力で終わりです。結構シンプル。

楽天なんかで慣れてる人は余裕でしょう!

メールが届きますので、チェックしておきましょう。

配送された時には、発送メールが届きました。

んで、届いたのがコレ!!↓

pict-002

水だから、なかなか重い・・・・

女性の方は運送会社の人から受け取る時に注意してくださいね。特に妊婦さん!

ひゃっほーい!さっそく開けるぜ~~~い!

pict-003

ババーン!

キレイに整列してらっしゃいます。

トラストウォーターの凄い所は、アルミパウチ型の商品なのに水素濃度が3.0ppmもある所だよね。

ただ水素を逃がさない為に、「口」がついてない。

つまり飲みにくいんだわこれが!

コップに注いで飲まないといけないんですね。

水素濃度の減りを抑える為に、こういう作りにしてあるんだけど、何も知らない人は「なんで???」って思っちゃうよね。

でもせっかく水素水を飲むなら「水素濃度」にはこだわった方が良い!これは絶対!!

pict-005

飲んだ感想としては、日本の名水を使用しているから、とにかく柔らかくて飲みやすいって印象。

日本の水は美味しいよねホント。

まぁ、水の美味しさは他の水素水商品と大差ないって感じです。

注目ポイントは水の量が400mlという点。

300ml、500mlの商品が多い中、中間の400mlとなっています。

このあたりはぶっちゃけ好みだから、どう思うかはあなた次第です!(都市伝説みたいになりましたな 笑)

 

上でも買いたけど、トラストウォーターが人気が出るのはわかる気がする。

水素水の商品を色々と調べてる人は分かると思うけど、正直言って今の水素水業界は、「アルミパウチ派VS自作型水素水」の2つに割れている状況。

他の水素水は↓の画像の理由によってあまり人気が無いね。(水素が抜けちゃうんだからそりゃそうか)

trustwater1

飲み口付きのアルミパウチは、届いてからコンスタントに飲めばOKだけど、ペットボトルとかは論外だからね!

以前は結構見かけたから、知らないというのは怖い事ですな!騙されないでくださいね。

そんで話の続きだけど、アルミパウチは飲みやすくて人気があるん水素水タイプだけど、弱点として「水素濃度が低い」というのがあったんだよね。

それを3.0ppmまで持ってきたトラストウォーターは人気が出るのも当然っちゃ当然です。

しかも、トラストウォーターのスゲー所は、この商品を初回限定とはいえ、バカ安で売っているという点!

この安さは有り得ない・・・

って事で、

  • 水素水を始めて使う人
  • 水素水を試してみたい人
  • 水素水の良さを実感したい人

あたりのライトユーザーから指示が高いっていう事です。

とはいえ、水素水のベテランも結構これに乗り換えてるって聞いた事もあるから、やはり水素濃度は大切ですね。

高濃度水素水[トラストウォーター]まとめ

水素水をテレビや雑誌などで最近知ったよ!って人はまずトラストウォーターから始めるのが良いんじゃないですかね~

上記でも書いた通り、

  • 水素濃度も高く、使いやすい水素水
  • 初期費用が安くてお試しに最適
  • お試しなのに水素水の良さを体感できる量であること

というバランス最高の水素水だからです。

いきなり自作型水素水なんかにいっちゃってもいいけど、僕ならまずはトラストウォーターで水素水を実感してからにしますね。

 



スポンサー リンク

ページTOPへ

サイトTOPへ