スポンサード リンク


水素水商品の特徴、価格を比較してみるサーバー編watersaver

こんにちは!

 

水素水を飲んでダイエットを成功させて健康を手に入れてやろう!

という、野望(目標)は決まったものの、僕はまだまだ水素水の事を知らない(笑)

 

水素水については、しっかりと調べたので身体によい事は把握しましたけど

水素水の商品については、ま~~~~ったく知らない!

 

ダイエットは今までやった事ないけど、やるなら一回目で成功させたい!

 

まずは、水素水を摂取するにはどんな商品やサービスがあるのか徹底的に調べてみた!!

 

 

水素水商品の比較【サーバータイプ】

rurudo

まずは、サーバータイプの水素水を発生させる商品を調べました。

特徴や平均価格などを調査してきましたのでまとめてみます。

 

サーバータイプの特徴

携帯できるタイプの物などもありますが基本的にはウォーターサーバーと似た商品が多いです。

自宅でお手軽に水素水を生成できるので、ヘビーユーザー向けのタイプと言えます。

 

サーバータイプの価格

やはり、家で水素水が生成できるという事で値段は高いです。

携帯できるお手軽な物で5万円台~、通常のタイプですと1~30万円ほどします。

平均的に人気の商品は高額なため、逆に安すぎるサーバーは水素が生成できるのか怪しいと感じます。

 

サーバータイプのランニングコスト

他のタイプが毎月一定の額がかかるのに対して、サーバータイプは数か月ごとのカートリッジの

交換とわずかな電気代で済むため、平均で1日100円前後くらいで利用できます。

ランニングコストの面で言うと優れていると言えます。

 

サーバータイプの口コミ

サーバータイプを利用している人は、既に水素水の良さを体感して毎日必要だと実感している人が

多い為、口コミではサーバータイプをおすすめする声が多かったです。

もちろん、商品によって(故障しやすい、水素が本当に入っているのか不安)などの声もありました。

 

サーバータイプのメリットデメリット

メリットはやはり、自宅で水素水を毎日生成できる点だと思います。

僕も水素水の効果が実感できたらサーバーも検討してみようと思っています。

デメリットは初期費用(購入費用)が高額である事です。

 

他には、水素水は非常に小さな分子なので時間が経つとすぐ抜けていってしまうので

生成したらすぐ引用しないといけない点(コップなどは水素がすぐ抜ける)と

生成にある程度の時間がかかる為、夏場などは冷たい水素水を飲むことが出来ない点が挙げられます。

 

家で直ぐ飲む人には良いかもしれませんが、持ち歩きたい人はちょっと考える必要がある様です。

 

サーバータイプの代表的な商品

上記の画像で取り上げた株式会社エイジレスファクトリーの

【水素水サーバールルド】です。

 

値段は148000円と平均よりもやや安め。

見た目もコンパクトで1.2ppm(水素の単位)という高濃度の水素水が生成できる商品です。

 

特筆する事としては、オゾン水も生成できる機能が付いている事と

交換カートリッジ3年分を無料で提供してくれていて1日平均コスト100円のサーバータイプの中で

1日5円という、初期購入費用以外の購入者の負担を限りなく抑えている商品です。

 

正直、サーバータイプは考えていなかったのですが

この商品は今後の水素水ダイエットの候補に入れました。

ただ、外出していることが多いので、持ち歩く事ができない点ではちょっと残念ではあります。

 

ルルドについてもっと詳しく知りたい方はこちらから確認してみて下さい↓

 

 

持ち運びの事や値段にシビアな僕的にはこれも惹かれています↓

水筒感覚で水素水を持ち運びが出来たら良いな~と思っているので気になっています。

値段もサーバーの中では安い方なので、ずっと使うと決めたら購入を検討します。

実践はこれからなので、水素水を体感してから考えます(笑)

 

 

 

サーバータイプの水素水商品を自己分析

サーバータイプの水素水商品を市場にあるほぼ全部を見てみました。

最初の頃の僕だったら「うわっ、高っ!これはいらないな~」と感じていましたが

 

水素の事や健康の事をしっかりと調べたので

医療費や通院、今後の家族との時間など色々と考えると

健康を手に入れる事ができるなら、サーバータイプも悪くないな~と感じています。

 

ただ、いかんせんまだ実践前なので、思い切りよくサーバータイプを

買う事ができない自分もいる事は確かです(笑)

 

あと、置き場所とか、嫁の説得とかも考えると・・・・ね(笑)

「ダイエットォォ?食べなきゃいいじゃん!」

って言われるのが目に見えてますでしょ?(笑)

 

続いて、次の水素水商品も調べていきますよ~!

続きはこちらからどうぞ!→水素水商品の特徴、価格を比較してみるスティック編



スポンサー リンク

ページTOPへ

サイトTOPへ