スポンサード リンク


水素水商品の特徴、価格を比較してみるボトル編waterbotl

この記事は、前回からの続きです。

前回の記事を読んでいない方はこちら

水素水商品の特徴、価格を比較してみるアルミパウチ編

 

 

どうも~、T.ようへいです。

 

では、前回からの続きを書いていこうと思います!

水素水商品を調査、比較していきますが、今回はボトル商品です。

 

ボトルといっても、ペットボトルとアルミボトルの商品がありますが

色々と水素の事などを調べてわかってきたのが

 

水素はペットボトルを通過する

 

って事です。なので巷で販売されているペットボトルの水素水の

信頼性はどうなのかな???

って思ってますので、今回はペットボトルは最初から無しで考えてます。

 

アルミボトルの事だと思ってみて頂けたらと思います!

 

 

水素水商品の比較【アルミボトル】

botle

ボトルタイプの水素水を発生させる商品を調べてきました。

特徴や平均価格などを調査してきましたのでまとめます。

 

アルミボトルの特徴

アルミボトルの容器に入った水素水商品は、300ml程度の商品が多いですね。

市販されているコーヒーやジュースでも良く見かける容器ですね。

 

さっきも書きましたが、水素はペットボトルなどを通過して発散してしまう為、

ペットボトルは最初から考えてませんでしたが、このアルミを利用した容器は

水素の通過も防ぐ事ができます。

 

一個一個が単体の容器に入っている為、コスト面で言うとどうしても

高めの値段設定になっている傾向があります。

 

しかし、アルミパウチと同様に持ち運びが便利なため

バッグなどにポンと入れて、出先で飲んだりするには便利なタイプだと思います。

 

アルミボトルの価格

アルミボトル1つ分(3ml)一本で200円前後の商品が多く

高い物だと300円以上する商品もありました。

 

しかし、自分で生成するサーバーやスティックタイプと違い

企業がボトルに詰める時点でしっかりと水素を入れてくれているでしょうから

水素の含有量という点では安心できます。

 

また、アルミパウチと同様に企業の競合が激しいタイプになりますので

それぞれの企業で純水ではなくミネラルウォーターに水素をいれた商品であったり

配送料や特典などが豊富な商品があったりと、サービスが手厚いのも見逃せません。

 

アルミボトルのランニングコスト

サーバーやスティックの様に、最初に金額がかかるわけではなく

毎月定期的に料金がかかるタイプです。

 

配送料振り込み手数料などがかかる場合は、それらがランニングコストとなります。

 

アルミボトルの口コミ

大手の企業が参戦している事もあり

ネームバリュー的にも信頼が厚い商品が存在します。

 

お手軽さや持ち運びなどの利便性は好評ですが

やはりコスト面で言うと、スティックやサプリなどに劣る分

値段(価格)にシビアな人の反応は良くありません。

 

あと、一つ気になったのが、水素は酸素と結びついてしまいます

アルミボトルなどで途中まで飲んで、残しておいた場合に

空いている空間の酸素の影響で、水素が逃げていってしまいます。

 

なので、基本的にはあまり長時間は残しておけないですね。

アルミパウチなら密閉すれば良いのかもしれませんが、

ボトルの場合はどうしても空間が空いてしまいますからね。

 

また、水素は熱すると抜けていってしまう性質ですが、凍らせるのは大丈夫みたいです。

 

夏場など、凍らせて出先に持っていき、冷たい状態で飲みたい場合は

アルミボトルだとそのまま凍らせると膨張してしまいますから

中の水分を減らさないといけないのですが、そうするとさっき言ったとおり水素が抜ける・・・

八方塞がりや!残念です。

 

口コミではペットボトルやアルミパウチで凍らせて利用しているとの声も多かったです。

夏は冷たい状態で飲みたいですからね!

(実際、凍らせていてもペットボトルだと水素抜けてない?って思いましたが(笑)

 

ただし、さっきも書いた通り企業の競合が多いので

色々な所で差別化が行われていて、使用する水にこだわりを持っていたり

サービスが手厚い事もあるので、全体的なバランスは良いと思います。

 

口コミでも、味がおいしいという声が多くみられました。

 

アルミボトルのメリットデメリット

メリットとしては、やはり持ち運びができる利便性と

配送してもらって、冷蔵庫に入れておけばいつでも手軽に利用できる点だと思います。

 

数ある水素水商品の中でも一番馴染みがある気がしますね。

おそらく缶コーヒーなどで良く見る容器だからでしょうけど(笑)

 

他にも、こだわりの天然水を使用していたり

配送料無料、手数料無料、定期便にすれば○○%OFF!など

数々のサービスやこだわりが多いのもメリットと言えると思います。

 

高濃度の水素が入ってます!

 

って歌われたらグッときちゃいますよね(笑)

 

つぎにデメリットですけど、やはりコストですかね。

アルミパウチと限りなく近いアルミボトルですが

やはり、こちらもサーバーやスティックと比べると割高です。

 

しかし、自分で作成する手間やメンテナンス、水素の含有量の信頼性を

考えると、値段とのバランスは悪くは有りません。

むしろ安いと思ってしまいますね!

 

缶コーヒーが130円だとして、水素水ボトルが200円前後なので

少し毛が生えたくらいで、美味しい水&水素が摂取できるなら

僕でしたら、おおいに「有り」だと思います。

 

 

アルミボトルの代表的な商品

上記の画像で取り上げた株式会社伊藤園

「還元性水素水」です。

 

伊藤園は知ってる方も多いと思いますが「お~いお茶」など

飲料の大手メーカーさんですよね!(僕は濃い茶のタイプが好きです(笑)

 

伊藤園は、ヘルシー飲料などにもかなり力を入れていて

「一日分の野菜」「青汁」なんかのパック飲料も良く見かけます。

 

はい、また脱線しましたね(笑)

 

何と言っても、企業の信頼性が高いのと

定期的に届けてもらえるコースなら、かなり安い!って所が良いですね。

(大手企業だから信頼性はありますが、実際水素水の水素含有量は測りたいですね)

 

値段が安いに惹かれるケチキングのT.ようへいですが(笑)

 

いやいや、計算したらかなり惹かれますよこれ!

 

まず、通常価格が310ml入り24本セットで4444円

これだと1本当たり185円です。

これだけでも、既に他の企業より割安ですよね。

大手の強みでしょうか、他の飲料も扱っているので生産ラインが整ってるんでしょうね。

 

これを毎月の定期便にすると20%OFFの3555円!

1本当たり148円!

うおおおおおおお、コンビニのコーヒーより安いじゃん。

 

更に驚いたのが、

 

毎月定期で頼むと、4回目ごとに50%OFF!!

これはでかい!!!

 

1か月目から平均して計算すると、

3555円(20%OFF)+3555円(20%OFF)+3555円(20%OFF)+2222円(50%OFF)

=12887円÷96本(4セット分)=134円

 

でた!1本あたり134円!缶ジュースとほぼ並んだ!

 

安いな~、魅力的ですな~(笑)

 

サーバーもアルミパウチも良いけど

アルミボトルも結構良いですね~ 、検討候補に入れておきます。

 

 

株式会社伊藤園「還元性水素水」

詳細はこちら↓↓↓↓から見る事ができます。

伊藤園の通販限定「還元性水素水」詳細

 

アルミボトルの水素水商品を自己分析

アルミボトルは正直言って、あまり好みじゃなかったのですが

今回の調査で、伊藤園の商品なら「有り」かな~とも思ってます。

 

持ち運ぶことが多くなりそうなので、ボトルを冷やして持って行ったとして

周りの水滴が気になりそうなんですよね~

 

カバンの中が濡れるの嫌だけど、かといってタオルみたいな物で

くるんでおくのも面倒だし・・・(わがまますいません(笑)

 

でも、値段とかの面ではかなり良いですよね~

飲んだことないけど、味もお茶で有名なメーカーだから美味しそうだし(笑)

試飲してみたいな~

 

残る水素水商品のタイプは粉末とサプリメントですね!

続きはこちらからどうぞ!→水素水商品の特徴、価格を比較してみるサプリ編



スポンサー リンク

ページTOPへ

サイトTOPへ